「大人のお酒」の代名詞であり、香り高く味わい深いウイスキー。グラスにそそいでゆっくりと琥珀色を楽しみながら飲むウイスキーの種類は様々で、日常的に楽しめるようなリーズナブルなものから高価なものまであるようです。日常用なら家庭でちびちび飲めますが、記念日用などの特別なウイスキーをどうやって保管するのが一番いいのかというのは愛飲家の悩みのタネと言えるのではないでしょうか。時間をかけてじっくり楽しみたいものの、劣悪な保管方法では、せっかくの香りや味が楽しめなくなってしまうのではないでしょうか。お酒は、一般的には冷蔵庫や冷暗所などで保管するのが望ましいとされています。しかし、そもそもウイスキーはアルコール度数が高い為「品質が安定しているお酒」といわれていることからもわかるように、未開封で正しく保管すれば、長い間品質を保つことが可能と言われています。「オールドボトル」が人気を保っているのも、その寿命の長さを物語っていると言えるでしょう。その為、法律でも賞味期限の記載は義務付けられていないそうです。つまり、ウイスキーはきちんと保管すれば、未開封でも開封後でもおいしく味わうことができるお酒と言えるのではないでしょうか。このように、ウイスキーの保管は、場所を選ぶことがわかるでしょう。理想的な場所が自宅で確保できない場合や、ボトルの数が多い場合にもトランクルームをおすすめいたします。近年では、お酒の貯蔵庫として使用する人も増えていることからもわかるように、室内型トランクルームが注目されているでしょう。