海のスポーツをやる人であれば、自宅でのウェットスーツの保管について一度は頭を抱えたことがあるのではないでしょうか。ウェットスーツは、大体がクロロプレン合成ゴムというものを使用して作られているそうです。これは、耐熱性、また耐寒性に優れている素材とされ、加工しやすいというのが特徴でもあるでしょう。その反面、意外にも「耐水性に劣る」という欠点が挙げられ、長時間そのまま放置してしまうと、劣化を招いてしまうと言われています。また、寒暖差や直射日光も劣化の原因となることから、ウェットスーツの長期保管には多くの点で注意すべきではないでしょうか。さらには、雑菌の繁殖を防ぐため、気温や湿度にも注意が必要ではないでしょうか。シワや折り目がついてつぶれてしまったウェットスーツは、元に戻りませんので折りたたんでの収納も避けなければならないでしょう。つまり横に寝かした状態で保管することが望ましいと言えるのがウェットスーツの保管方法ではないでしょうか。そのため、自宅での保管は現実的ではなく、トランクルームを活用することが良いと言えるのではないでしょうか。広めのスペースにウェットスーツとサーフボードなどを一緒に保管しておくのも管理が簡単で良いのではないでしょうか。温度も湿度も管理されていて、直射日光も避けられるため、基本的なお手入れの後に保管するには最適な場所と言っても過言ではないのではないでしょうか。高価なものであるからこそ、自宅ではなく、しっかりと管理された環境で保管し、できるだけ長く利用できるよう心がけていくと良いでしょう。ウェットスーツは大体3年から4年が使用期限とされているようですが、きちんとお手入れしていれば、長く使うことも可能なのではないでしょうか。