海外赴任や長期の入院など、そのほかにも様々な理由で車を長期間使えない状況になった場合にも、実はトランクルームが活用できることをご存知でしょうか。車を長い間動かさないでおくと、タイヤやバッテリーはもちろん、エンジンなどの劣化が予想されるのではないでしょうか。タイヤは、同じ姿勢で長期間放置しておいた場合、一点に重心がかかるため、変形したりひび割れが起こったりする可能性があると言えるでしょう。特にアスファルト上での保管の場合、樹脂成分の移動による劣化が早まり更に危険が高まると言えるでしょう。バッテリーは、走行中に発電され、充電される仕組みとなっており、走行しない期間が長いと充電されないでしょう。もちろん車種や保管状況によって劣化の進行は異なりますが、バッテリーの場合は1か月ほど走行しないだけでも、異常が現れると言われています。また、長期間エンジンをかけないということも問題になってくるでしょう。車のエンジンは、始動することでオイルがエンジン内を循環して油膜が形成されるそうで、長期間始動せずにいると、その油膜がはがれ、次に始動した際に金属同士がこすれ合って表面が傷ついてしまうという状況になるでしょう。これらを管理するには、タイヤの空気圧を高めておいたり、エンジンオイルの交換や、バッテリーの取り外しなど、とても手間がかかるのは予想できるのではないでしょうか。そこで、トランクルームの長期保管サービスを利用することをオススメいたします。中には洗車や空気圧チェック、オイルチェックなどを行ってくれる業者もあり、当然費用はかかりますが、どうしても手放せない愛車を持つ方にはおすすめでしょう。