快適な住空間とは、家族の使うモノが定位置に置かれ、動線がスムーズで効率的な動きができることです。またそれが理想でもあります。そのためには、家族がどう暮らしたいかを共有し、部屋をどう使うか、そのために必要な量とモノを決めることは、大切なことになってきます。自分の家族の使う場所、モノの考え方を明確にすることが、効率的な収納ができるポイントになります。具体的には、どこに何をしまうのか、片付けをする家族みんなが使いやすいように、ルールをつくることです。

モノを収納する場所は、そのモノを使う部屋の中につくるのを基本とすることです。使う場所と収納場所が一致していなければ、使いたいときに部屋を移動して取りに行く手間がかかり、結局、元に戻す作業がおっくうになり、出しっぱなしが常習化してしまうことになります。できる限り収納場所は、そのモノを使用する場所の近くにすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *